ブログトップ

百姓のいえ

hyakushoie.exblog.jp

踏込温床

踏込温床は、落葉・米糠・鶏糞・水などを原料にし、その中で微生物が活発に働くことで発酵熱を発生させます。その熱を利用して種を発芽させたり苗を育てたりする昔ながらの手法です。そして、熱が下がった原料は良質な苗土として無駄なく活用しています。北海道では、このような手法で育苗する農家は少ないようです。

a0189519_17151373.jpg

           昨年の踏込温床から出来た育苗用の土
a0189519_17152216.jpg

              今年の踏込温床のようす
[PR]
by hyakushoneuie | 2014-02-22 17:26 | 家外
<< 越冬ほうれん草 甘納豆 >>