ブログトップ

百姓のいえ

hyakushoie.exblog.jp

大豆の脱穀・選別

a0189519_19593976.jpg
a0189519_19594696.jpg


今日は、節分を前に、
昨年、収穫し乾燥させた大豆を
ハウス内で脱穀・選別しました。

一昨年より収量があるようです。
良かった。



よく乾燥させた大豆を足踏み式のバーを連続回転させて脱穀します。
私は、コツをつかむまで少し時間がかかって足がぎこちないです(苦笑)。


脱穀した大豆には、ゴミや未熟粒が混ざっているので、
選別作業が必要です。

写真の選別機は、唐箕(とうみ)と呼ばれ、
昭和30年代まで広く使用されていました。
我が家のように少量の場合は、この選別機で十分です。

手回しハンドルにより、4枚羽根の羽根車を回転させ風力によって、
一番口(精粒)・二番口(未熟粒)・三番口(その他)に分別できます。

これまたコツが必要で面白いです。
※写真の作業は、主人がしています。
[PR]
by hyakushoneuie | 2011-01-28 20:15 | 家外
<< 故郷 まわりのようす >>